あなたがライターとして十分稼げていないのは

いつまでも「文字単価」というぬるま湯の世界浸っているからです。

 

 

小遣いレベルの安単価を100倍以上引き上げ

お客様の満足度とあなたの収入

極限までに最大化する

 

 

”貧困ライター”

大革命計画

 

 

ドケチ発注者にライティングスキルを買い叩かれ
日々安単価を数こなして、プライベートの時間すら確保できない。

それでいて、日々充実していると自分をごまかし続ける人生はもう辞めたい!!

 

 

 

そんなあなたに今日から革命が起きます。

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

文字で革命は起こせる

_____________________________

 

 

プロフィール2

はじめまして、丸田和明(まるたかずき)と申します。

 

僕は現在、LPやセミナー告知ページ、セールスレターの作成、

記事やメルマガ執筆代行、

 

他にもコンサルティング、プロモーション制作など

主にセールスコピーライティングを中心とした

事業を展開しております。

 

 

セールスコピーライターという仕事は、目立つのがキライな僕でも活躍できる

最高の在宅ワークのスタイルです。

 

 

口下手な僕は表向きで活動することを諦め、裏舞台からコピーライティングというスキルを用いて、

あらゆる業界の人の個性を世にプロデュースする生き方を選び、「自分らしさ」を満喫しております。

 

 

 

 

 

「自由」に憧れて始めたコピーライタ―

しかし、その実態は・・・

 

もともと場所にとらわれない働き方や「自由」というものに憧れていた僕は、文章を書いてお金を稼ぐ「コピーライター」という仕事に惹かれました。

 

口下手な僕からすれば、Web上で文章スキルで商品を販売するというスタイルが自分に向いているとも思っていました。

 

 

しかし、当時は稼げない、おまけにお金もない、まさに典型的な貧困ライターでした。

仕事依頼サイトで案件を引っ張ってライティング活動をしていたのですが、案件が安すぎるんですよ。

 

これだけの条件を提示されて報酬はたったのこれだけ!?

常にそんな不満を感じていました。

 

 

それでもコピーライターとして稼いでいきたいがために、なけなしのお金で教材や本を片っ端から購入したり、

読み漁ったりを繰り返す日々が続きました。

 

そしてひたすら文章を書きまくって、記事を書きまくって・・・。

 

 

しかし、努力虚しく収入にほぼ繋がりませんでした。

 

 

これだけ知識を手に入れて、テクニックを網羅して、
構成を練りに練って文章を書いているのに
どうして収入が増えないんだ!?

 

そう絶望しかけていました。

 

 

僕は考えました。

月に数十万、数百万を稼げているコピーライターってこんな安単価の案件を数こなして稼いでいるのか?

 

いや、そんなはずはない!!絶対に違う!!きっと何かあるハズだ!!

 

 

 

そう思って、思い切って文章を書くコピーライターとして命ともいえるライティングスキルを磨くのを辞めて、

別のアプローチから打って出ることにしたのでした。

 

 

 

「文字単価」という世界が崩壊し、

栄光と勝利を掴んだ日

 

アプローチを変えて、ライティングスキルを売ったところ、あっさり単価が10万を超えました。

今まで「文字単価」で全てを見ていた僕でしたが、その瞬間に僕の中の「文字単価」という世界が崩壊しました。

 

それと同時に、「文字単価」でモノゴトを見ていたから稼げなかった事に気付いたのでした。

 

 

稼げているコピーライターのカラクリに気づきました。

 

「あぁ、コピーライターとして稼ぐってこういうことなのか・・・」

 

そう感じました。

 

 

自分のライティングスキルが高額で売れる秘密ってコピーライティングスキルの外側にあるアプローチが大事だったいう

ことに気付いたのでした。

 

 

それがきっかけとなり、絶望しかけて、諦めかけていた「自由」というもの見えてきたのです。

 

 

 

 

 

 

どんどん

 

 

ここに文字を入力